ハゲッ!!

薄毛の人が坊主にしたら、実際どうなのか考えてみた‖トホホ・・・

薄毛が進行すると目立たないように隠す人がいますが、不自然な印象を与えたり、自分が気付いていないだけでバレていたりする場合があります。

そこで、薄毛を隠すことばかりに力を入れるのではなく、あえて見えるようにする選択肢があることを理解しましょう。

例えば、髪型を坊主にするだけで様々な変化が起こるようになります。

隠す意識がなくなる

頭頂部や生え際といった部分が薄くなり、髪型を坊主にした場合、最初は髪の毛がなくなって違和感があったり、恥ずかしさを感じたりするでしょう。

しかし、1週間や2週間、1か月と時間が経つごとに慣れていきます。

坊主が当たり前の状態になると、髪の毛が残っていた頃よりも薄毛を隠す意識が少なくなります。

髪の毛が生えたり、増えたりしたわけではなく、髪型を坊主にしただけですが、既にカットしてしまった以上はどうしようもありません。

中途半端に髪の毛を残してしまうと薄い部分を目立たないようにしたくなって、隠したい気持ちが働くでしょう。

シャンプーや髪型をセットする時間が大幅に減少

頭頂部や生え際は薄毛だったとしても、側頭部や後頭部に髪の毛が残っていて改善したい気持ちが強ければ、シャンプーをする際は抜け毛を抑えるために洗うスピードを緩めたり、力を加えないように注意などするでしょう。

しかし、坊主にしてしまえば、抜け毛を気にする必要はなくなります。

すると、これまでよりも大胆にシャンプーを行えるようになることから時間を短縮できます。

また、薄毛を気にしていると目立たないように髪型のセットに時間をかける人は多いです。

残っている髪の毛で薄い部分を隠したり、すき間ができないようにスプレーやワックスを駆使したりなど、薄毛の状態が進行しているほどセットに時間がかかります。

ですが、坊主にすると薄い部分を隠す必要はないですし、そもそも髪型をセットしないため、他の物事に時間を使用できるようになります。

抜け毛を見つけた時のストレスが減る

抜け毛の本数が増えると徐々に薄毛が進行するため、見つけた時はストレスを感じる場合があります。

短時間で複数の抜け毛を見つけたり、まだ育っていない髪の毛が抜けたりする状況が続いてしまうと、徐々にストレスは強くなってしまうでしょう。

ストレスが強くなれば血管が収縮し、血流が悪くなって髪の毛の成長に必要な栄養分がこれまでよりも頭皮に届かず、髪の毛のハリやコシは低下します。

坊主にすれば抜け毛が発生したとしても、短い髪の毛なので気づかない可能性があります。

つまり、薄毛に悩んでいた時よりも抜け毛を見かける回数は少なくなることから、ストレスは減るはずです。

枕や排水溝、カーペットなどは抜け毛が落ちやすい場所ですが、髪型を坊主にしてしまえば、これらの場所で長めの抜け毛を見る機会はなくなります。

バリカンを購入すれば床屋に行かずに済む

薄毛になると髪の毛が伸びるスピードは遅くなり、床屋に足を運ぶ回数は減ります。

特に若者の場合は薄い部分を見られたくないため、さらに床屋を利用する回数が減る場合があるでしょう。

ですが、自分でバリカンを購入し、坊主にすれば床屋を訪れる必要はなくなります。

そのため、これまでかかっていた床屋代を節約できます。

ただ、上手く坊主にする自信がない人は床屋でやってもらうのがベストです。

スキンヘッドに近い長さにしたり、少し長めにしたりなど坊主だからといって単純に短くすれば良いというわけではありません。

少しでも魅力的に見えるような坊主に仕上げたいなら、床屋で希望をしっかりと伝えるようにしましょう。

髪型に全くこだわりがなく、とにかく坊主にしたいだけの場合は家電量販店やホームセンター、インターネット通販などでバリカンを購入する方法をおすすめします。

坊主に似合う服装に変える

髪の毛を残していた頃の服装は、坊主にしてから似合わないと感じる可能性があります。

これは自分のルックスや体型だけではなく、髪型も含めて服装を考えているからです。

髪型を坊主に変えて慣れてくると薄毛は気にならなくなったとしても、今度は服装の部分で悩んだり迷ったりするでしょう。

似合っていると自信を持てる服装を見つけるまでに時間はかかるかもしれませんが、自分の坊主姿を見慣れた頃には服装も落ち着くため、焦る必要はありません。

坊主にした結果、服装を大幅に変えると同性や異性の友達からは驚かれることになりますが、イメージチェンジの良い機会にもなるでしょう。

雨や風で髪型が崩れる心配をせずに済む

薄毛が嫌でわからないように隠していると、他人からどのように見られているのかを気にする人は多いです。

また、外を歩いている時は雨や風の影響で髪型が崩れ、薄毛がバレないように注意しなければなりません。

しかし、坊主はセットする必要がなく、髪型の部分が他人からどのように見られているのかを気にする必要はありません。

また、髪型が崩れる心配は一切要らないことから、外を歩いている場面で突然の雨や強風に見舞われたとしても、影響を受けることはないでしょう。

異性からの印象が変わる

髪の毛が薄いと自信を持てなくなり、異性に対して消極的になってしまって、後悔する場合があります。

自信がないので控えめだったり、おどおどしたりという様子を見られてしまうと異性からの評価を下げる原因になります。

髪型を坊主に変えて髪の毛がなくなった姿に慣れると、薄毛を気にせずに堂々とした姿で異性とコミュニケーションを取れるようになります。

堂々としている姿は自信があり、自分の魅力をアップさせる効果が期待できるため、薄毛の時よりも坊主にしてからの方が異性と交流する機会が増えたというケースは珍しくありません。

勉強や仕事への集中力が高まる

抜け毛や薄い部分を気にしていると集中力が低下し、勉強や仕事に悪影響を及ぼすことが考えられます。

集中力が高まってきたところで抜け毛を発見したり、髪型が崩れたりするとイライラが募ってしまうでしょう。

すると、理解力や記憶力が低下し、勉強や仕事をこなすために時間がかかります。

坊主にしても抜け毛は発生しますが、髪の毛が短いので気付かないことが多いはずです。

また、髪の毛の長さが全体的に短くなれば、薄い部分は目立たなくなり、勉強や仕事に集中できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です