ハゲッ!!

ハゲ専用髪型を紹介!薄毛におすすめの髪型ってどんなの?

薄毛の方は髪型を選ぶ際に制約を受けることが多いですが、毛量が少ない場合であってもお洒落な印象を与えられるヘアスタイルは意外と多く存在します。

重要なのは薄毛であるからといって、適当なヘアスタイルにして諦めないことです。

薄毛を欠点にしないための髪型にする上で、最も重要なポイントは意識を高く保つことだと言えます。

クルーカット

クルーカットは米海兵隊員や自衛隊員が職業上の必要性から選択している髪型です。

よくスポーツ刈りと呼ばれるものに近いですが、トップの部分以外の髪の毛を極めて短めに刈り込んでいるという違いがあります。

トップの毛量によって、実際にこの髪型にする際のスタイルにはその人ごとの変化が出てくるので、同じ髪型の人が並んでも個性が出やすいユニークな髪型です。

側頭部や後頭部は地肌が見えている状態になるので、トップの薄毛があまり目立たないという特徴があります。

トップの長さを変えたり、ワックスで髪の流れを整えることで相手に与える印象を変えられるため、シーンに応じて自分を演出可能です。

髪型から与える印象が他の短髪の髪型より柔らかくなるので、営業職や接客業などの人と接することの多い職場でも受け入れられやすいのもメリットだと言えます。

坊主

坊主は以前は忌避されがちなヘアスタイルでしたが、近年は俳優さんが坊主にしたり、海外のファッションやトレンドが受け入れられるようになったことで、一般的に受け入れられるようになっています。

坊主と他の短髪系の髪型を分けているのは、頭髪全体の長さが均一であることです。

トップとサイドで長さが違うと厳密には坊主ではありませんが、スタイリストによっては類似したスタイルを坊主にカテゴリーしています。

坊主では髪の長さによって見た目の印象が変わります。

猫毛気味の人であれば、ある程度の長さがあれば坊主でも髪の毛が自然に寝るので印象は柔らかいです。

一般的な髪質の方であれば数センチ程度までは自然に髪が立つことから、坊主を維持するためにはおよそ2週間から月に1度のペースでのヘアカットが必要になります。

坊主のメリットの一つは、バリカンなどを用意すれば自宅でも手軽に散髪できるという点です。

他のヘアスタイルの場合、自分でのカットにはある程度の技術が必要になりますが、坊主であれば比較的容易となります。

坊主では全体的な毛量が少なくなるため、薄毛が目立ちにくいです。

スキンヘッド

スキンヘッドは坊主と類似した髪型ですが、実際のところ相手に与える印象はまったく異なるものです。

スキンヘッドを選択するのであれば、見た目で威圧感を与えたりしないようにファッションや立ち居振る舞いには若干の気配りが必要となります。

また、スキンヘッドは短髪の髪型の中でもかなり上級者向けであり、似合う人と似合わない人がはっきり分かれる髪型です。

髪型による印象の補正がないため、その人が本来持つ雰囲気や顔の印象などがより際立つという特徴があり、職業上の理由などで威厳を保つ必要がある方や清潔感を出したい方、お坊さんなどに好まれるスタイルです。

スキンヘッドの維持には剃刀などを使った数日に1度のお手入れが必須であり、お肌の弱い方などは剃刀負けなどに注意する必要があります。

髪の毛がない分、頭皮から出た汗や油が枕や帽子などの頭と接するものに付着しやすくなっているのでそれらの洗濯も大事です。

頭皮があらわになっていることから外気温や日光などの影響を受けやすいため、日焼けや乾燥を防ぐためのクリームなどで対策することをお勧めします。

ツーブロック

髪の伸びやすい側頭部の耳の上部と繋げる形で襟足から後頭部の中ごろまでを刈り上げ、それより上部の髪を多めに残しているのがツーブロックですが、近年流行したことから様々なバリエーションが見られるようになっています。

ツーブロックが薄毛の方にもおすすめの髪型である理由の1つは、薄毛の部分をカバーするアレンジがしやすいという点です。

例えば、トップに多めに残した髪を後ろに流してオールバック風にセットすれば薄毛をカバーしやすい上、髪の毛が重なる部分が増えることによってボリュームが出て、薄毛が目立たないというメリットがあります。

他にも七三分け風に横に髪を流すようにすると、任意の向きで薄毛をカバーすることが可能です。

ツーブロックではサイドと後ろの地肌が見えていることから、流した髪の隙間から地肌が見えても薄毛だとは気づかれにくいです。

髪の毛を流す位置を決めておけば事前に薄毛の位置をカバーしやすいので、カットする際に打ち合わせしておくと安心です。

ソフトモヒカン

ソフトモヒカンはスポーツ刈りや坊主と類似した髪型ですが、トップの部分の髪型を多めにカットすることでボリュームの調整がしやすく、頭頂部の薄毛をカバーしたい方にお勧めの髪型と言えます。

トップの薄毛が気になる部分のみをモヒカン状にするのではなく、トップ全体を立たせるように調節してカットすることで全体的に薄毛の部分が目立ちにくくなり、カバーしやすいです。

また、ソフトモヒカンにする場合は同時にヘアカラーを変えてみるのも効果的です。

わずかに髪の色を茶色にするだけでも、肌の色と近似していることから薄毛の部分がはっきりしにくいという効果を得られます。

ソフトモヒカンが持つアクティブな印象をより強調するという意味でもお勧めです。

オールバック

オールバックは髪全体を後ろに流す髪型で、薄毛の部分が広範囲に及んでいてそれをカバーしたいという場合にお勧めの髪型です。

髪を後ろに流す際に撫でつけるようにするのではなく、ワックスなどでふわりと浮かせるようにしながら流すことで薄毛の部分が見えにくくなります。

全体的な髪の量によってカバーできる範囲が変わってくるので、薄毛の状態によっては必要な分の髪を伸ばすのにある程度の時間が必要です。

オールバックにできるかどうかは髪の質や薄毛の状態など人によって異なるので、美容師さんなどに相談してみるのが確実です。

オールバックは全体的に重厚感のある髪型に見えるので薄毛の方には難しいと考えられがちですが、条件さえ合えば薄毛でも問題なくオールバックにすることが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です