ハゲッ!!

育毛剤でハゲを治す前に考えたい育毛業界

どうも。

ハゲまっしぐらのハゲ男番長です。

最近はハゲについて知らない人が増えすぎている気がします。育毛剤でハゲが治るわけがないのに、毎月1万円以上も払ってたりね。

お金があるなら悪いことではないですが、ハゲの原因を知ればそれが正しくないということくらいはわかるはずです。

『ハゲ=諦める』のは誤り

ハゲでも諦める必要はありません。

極端な話、高濃度ミノキシジルタブレット、それも10mgのやつね。それを服用しながら、デュタステリドを併用すれば、中途半端なハゲなら治るんですよ。

よくハゲの特効薬がうんたらかんたらっていいますけどね、実際ミノタブ10mg+デュタステリドがそれなんですよ。すでに。

デュタステリドっていうのはですね、プロペシアの最強版です。いわば。

仕組みはよく知らないんですけど、プロペシアにはそれほど強いハゲ酵素抑制の効果がないんですが、デュタステリドにはI型・Ⅱ型の5αリダクターゼ両方に効果があって・・・

ややこいので効果をまとめてみよう。

ミノタブ => 毛を生やす

デュタステリド => ハゲにならなくなる

こういうこと。

簡単でしょう。

だから2つ飲まないと行けないわけ。

ミノタブはある程度回復すればやめてもいいけど、デュタステリドは飲み続けなきゃだめ。飲むのをやめるとまたハゲ始めるわけですね。

この2つ、どっちもすごいんですけど、本当にすごいのはデュタステリドの方だと、自分は思ってます。

何がすごいのかをまとめると、

  • 頭皮の脂が激減
  • 夕方になっても髪のボリュームが朝のまま

このあたりですね。

正直、デコの脂がすごい気になっていた自分としては、このパワーには感服しています。

黒光りのテッカテカのデコだったのが、なぜか白くなりサラサラになると。

ハゲじゃなくてもデュタステリドを飲みますよ、自分は。

副作用 うつ病になる報告がある

ならないよー。笑

大げさすぎんだよ。いけっから。笑

まぁ気になる人はパワー弱めのプロペシア、ジェネリックならフィンペシアか。そのあたりからはじめてみたらどうでしょうかね?

まっっっっっっったく何の副作用も、俺はなかったけどね。

ゼロ。性欲が減退するとかも言われてるらしいけど、むしろ最近は性欲が爆発していてヤバイ。

ただ、ミノタブ10mgは注意。

顔がブサイクになる。これマジで。

むくむとブスになるとか言うけど、それが毎日続きます。

個人的にはミノタブは使いたくないね。

まぁ、ミノタブは注意するとしても、デュタステリドなどはアフィサイトがメイン案件の育毛剤を売りたいがために、必要以上に危険性を煽ってんだ。気にしないのがいい。

これを読めた人はラッキーだね。アフィなしのマジの口コミだから。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です