ハゲッ!!

若ハゲでもかっこいい人はいるのか?考えてみた

若くしてハゲた時に何が一番悲しいかと言えば、女性にモテなくなることでしょう。

ということは、ハゲても女性からモテモテなら誰もハゲることを恐れなくなるのではないでしょうか。

実際、ハゲていない人とハゲている人だったら、ハゲていない人の方が外見的に有利なのは間違いありません。

しかし、ハゲているからといって本当にモテないのでしょうか。

かっこいい人はいないのかどうか、そのことについて真剣に考えてみました。

何故ハゲはモテないのか

ハゲがなぜモテないのか調べてみたところ、ハゲていることにより自分に自信がなさそうに見えたり、ハゲていることで不潔な印象を与えてしまったり、生理的に無理だと思われてしまうのが要因のようです。

意外な面では見た目が嫌というのではなく、ハゲを隠して女々しい所が嫌、性格的に暗くてかっこ悪いと思われている部分もありました。

ですが、テレビや映画の世界に出てくる俳優さんやハリウッドスターでもハゲている人はたくさんいますが、その人たちのことをかっこ悪いと思う人はあまりないのではないでしょうか。

私自身もかっこ悪いと思ったことはないし、むしろ素敵だと感じることが多いです。

ハゲていても、自分に自信を持っていて活き活きとしている人はかっこよく見えるということが言えるかもしれません。

歴史的に結果を残してきた偉人やハリウッドスター、スポーツ選手はハゲてても全然かっこいいですし、ハゲを隠さずに堂々としているとむしろ女性から「潔い」「将来出世するかも」と魅力的に見られることもあるようです。

ハゲていても恋愛対象になるために大切な3つのこと

実はハゲている男性について、6~7割の女性が「ハゲていても気にしない」「恋愛対象として見れる」と思っているようです。

しかし、残念ながらハゲていることで恋愛対象から外されやすくなってしまう男性の特徴というのがあります。

ハゲてもかっこいい人を目指すのであれば、今から紹介する3つのことに気をつけてみましょう。

見た目を清潔に保つ

どんなにイケメンや美女だったとしても、不潔だったら魅力が激減してしまうだけでなく、恋愛対象として外されてしまうこともあります。

それと同じで、ハゲていることで不潔に感じられると異性としてナシということになってしまいます。

人は第一印象がとても大事ですからフケが肩についていたり、髪の毛が脂ぎって頭皮にベタっとついていたりするとオシャレや見た目に気を使っている女性からすれば、嫌悪感の方が勝って友人として付き合うのも厳しくなります。

ハゲているからといって見た目や身なりに気を使わなくなったり、髪の毛を手入れを怠っていると女性から大幅なイメージダウンを受けるのは避けられないでしょう。

髪が薄くても綺麗に整えたり、洗髪をしっかりすることで見た目の清潔さは保てます。

ハゲを隠さない

若くしてハゲてしまった男性は、これからどうやってハゲを隠して生きていこうかということを真剣に考えるでしょう。

以前はハゲていなかったわけで、これからは未知の世界に突入していきます。

できれば髪の毛がフサフサだった頃と同じように振る舞い、イメージを保ちたいのが男性の本心です。

しかし、髪を必死に寄せて隠したり、カツラをかぶったりすると「潔さがない」「頼りない」と感じてしまう女性が多いようです。

カツラでハゲを隠している男性と付き合いたいと思ったり、「あの人素敵だわ」と思うことはなかなかありません。

男性としては女性の前ではどうしてもハゲを隠したい心情になりますが、ハゲを隠すのではなく堂々としていることで女性はハゲているということが徐々に気にならなくなり、個性の一つと認識し始めます。

若ハゲでもかっこいい人を想像すると、みんな堂々としていることが多いでしょう。

「ハゲていても俺はかっこいいんだ、魅力的なんだ」と思っていると自信に満ち溢れ、堂々とした態度で女性にも接することができるはずです。

卑屈にならないでポジティブに

ハゲてしまうとどうしても男として自信がなくなってしまいがちになるため、「自分なんてハゲてるからモテない」と卑屈になったり、ネガティブなオーラが表面に出てしまうことがあります。

自分のことをダメだと思っていると、女性にも魅力が伝わりにくくなってしまいます。

「どうせ自分はハゲだから」とネガティブモードに入っている人の周りに人は集まってきません。

大体の人は遅かれ早かれハゲていくのですから、ポジティブで薄毛をネタにするくらいの人の方が潔くてかっこよく、みんなから好かれるようになるでしょう。

ハゲてもかっこいい人の特徴

若ハゲが原因でコンプレックスを抱き自信を失ってしまうと、どんな人でもたちまちモテないかっこ悪い人になってしまうでしょう。

自分を否定すればするほど、モテ街道からは外れてしまいます。

ハゲてもかっこいい人とはどんな人なのでしょうか、特徴について考えてみます。

ハゲてもかっこいいヘアスタイル

ハゲてもかっこいい人たちを見ているとハゲを隠そうとするのではなく、ハゲを活かしたヘアスタイルにしていることが多いです。

隠そうとしている人ほど髪を伸ばす傾向にありますが、ハゲてもかっこいい人たちは短髪にして立たせています。

サイドを抑えてトップにボリューム感を出したり、スタイリング剤を使ったり、黒い髪だと目立つ場合はカラーリングを工夫する人もいるでしょう。

おしゃれ坊主にしてみるなど、ハゲでもかっこいい人は薄毛に絶望せずにヘアスタイルを楽しむ余裕があるようです。

男の色気を出している

ハゲている=生理的に無理だと感じる女性もいるかもしれませんが、それは不潔だったり、男としても魅力が足りないからということが考えられます。

海外はハゲている方がセクシーな印象を受けるということもあり、ハゲは色気を醸し出す武器にさえなっています。

潔い剃髪や鍛え抜かれた体、小物遣いの工夫などによっては、髪の毛がある人よりも男の色気を出せるようになるかもしれません。

男らしさを演出している

ハゲというのは、見方によってはダンディーに見えるというのがポイントです。

顔が優しくて頼りなさそうでも、サングラスや眼鏡をかけるだけでダンディーな男性に見てもらえる可能性がアップします。

若くしてハゲても、髭を生やしたり、スキンヘッドにしてバッサリと切ることで男らしさを演出できればかっこよさが増します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です